なぜ、コンテストに参加するの?

2018年2月5日
competition

コンテストは、エントリーしたアーティストに何をもたらせてくれるのか。

第1回目のSoundcheck Music Contestから早いもので3か月経とうとしています。そして、今週の金曜日、第1回目の優勝者が発表となります。エントリーアーティストも、またそのアーティストを応援しているリスナーにとっても、こんなにドキドキする瞬間もないのではないでしょうか。

音楽において、成功の定義とコンテストでの優勝はかならずしも結びつかなないことがあるのも事実。そんな矛盾を抱えながらもなぜコンテストに参加することに意味があるのでしょうか。


❶音楽に情熱を注ぐアーティストとの出会い

同じ志をもち、情熱をもって創作、表現を追及するアーティストの音楽を聴くことで、作品を通じて、自分の音楽に対する解釈を作ることができたり、新しい解釈を発見することができ、さらなる作品の向上につながります。コンテストは、そんなコミュニティーと出会うことができる場所です。コンテストは、アーティストがお互いと競争しているのではく、コミュニティーを共創しているのです。

❷アーティストとしての目標を明確にしてくれる

アーティストの作品は、誰に、どのような年齢の、何に興味を持っているリスナーに、どのような価値観を持った人に聴いてもらう作品なのかを、コンテストに参加することによって、より明確にアーティストが考えるきっかけを与えてくれます。目標をより具体的にすることで、闇雲にライブハウスを選ぶことをせず、自分のアーティスト性にあった環境で、どんなオーディエンスに向けて演奏するかビジョンを与えてくれます。そして、楽曲がより伝わるために必要な要素を学ぶことができます。

❸パフォーマーとしてのスキルを向上させてくれる

コンテストに参加した後に、普段磨いてこなかったパフォーマーとしての意識やスキルが向上していることは間違いないでしょう。例えば、普段意識していなかった動画を創作する方法や、ある一定の期間使っていたプロフィールをさらに書き足したりすることで、自分をアピールする言葉の選定が変わったり、自分の作品をリスナーに聴いてもらうためのブログの更新率が増えたり。。。アーティストの音源や作品の完成度だけでなく、アーティストをアピールすることも同じくらい重要で、スキルを磨くことができる学びを与えてくれます。

❹自信とチャレンジ精神をあたえてくれる

音楽家は常に、どこか孤独な世界の中を誰しもが味わっています。それは、たくさん存在するアーティストの中から、他には類を見ない、唯一無二の存在となりたいと切磋琢磨、実直に創作に取り組み、生まれた作品を表現し、聞いてもらうことを繰り返し求められている役割を担っているからです。だからこそ、アピールする環境を求め、意識とスキルの向上をコンテストというプラットフォームを多いに活用する意義があるのです。結果的に、周りからの評価と同じくらい、自分の作品に自らが自信をもって創作し続けることの勇気を育てる場所でもあります。

コンテストにはもちろん、優勝者がいてそこについてくる特典があるわけですが、音楽を「競争」ではなく、「共創」することが本来の価値観であり、競争する以上の何かを求めなくては、もったいないのです!音楽の未来を担うアーティストをサポートするプラットフォーム、Soundcheck。Soundcheck Music Contestは夢を現実に換えるためのサポートを引きつづき行ってまいります!