コンテスト特集記事:the tote

2018年3月12日

コンテストの未来の次世代アーティストを応援するポータルサイト、SOUNDCHECK!  第1回目のSOUNDCHECK MUSIC CONTESTのGIBSON PRIZEを勝ち取ったバンド、the toteを通じて、音楽世界に必要なことは何かを考えてみます。

横浜・下北沢・渋谷・千葉でのライブをベースに、全国のライブハウスにツアーにでかけるバンド、the tote。
楽曲の完成度高さとコーラスアレンジ力の高いバンドの作品のスピード感は、例えるなら車や飛行機の旅ではなく、電車の旅に出たかのような、揺られていろいろなことを感慨深く感じたいと思わせてくれる。Soundcheck Music Contestでも、非常に高い評価を得た楽曲、ノーリアクションならびに、楽曲の創作について聞いたみた。

Q)ノーリアクションに込められたメッセージを教えてください。 

A) 無関心でいれれば毎日が平和、と歌詞にあるように世界のあらゆる問題に僕はノーリアクションだと観じました。 ホントはなにか動き出したいけど、何もできないで部屋の中もがいている葛藤を歌った曲です。

Q) 楽曲の創作は主にだれが行っているのですか? 

A) メンバー全員が作詞作曲しますが、現在のレパートリーは菊地翔の作品が大半を占めています。アレンジは全員でやっています。

Q)  the tote として、楽曲の創作をするときに、大切にしているコンセプトは? 

A) まずは4人全員が歌うコーラスワーク。そしてライブでのノリをイメージしながらビートを考えています。

Q) 楽曲のアレンジのユニークで、the tote ならではのこだわりを教えてください。

A)歌詞に関しては飾らず本心を書くこと。メロディ関して作曲した次の日の朝メロディを覚えていたら採用しています。あとはリスナーが曲を聴いたときどういう反応するかをイメージしながら作ります。

Q) the tote の音楽で世界を影響できるとしたら、どのように影響したいですか?

A) 戦争をなくしたい。

2018年は前半で3枚のシングルCDを連続発売、8/12(日曜)には渋谷O-WESTでワンマンライブを開催、そして4枚目のアルバム制作へ!と精力的に活動するthe toteの楽曲に対する真摯な姿勢は、インタビューからも見て取れるように、アーティストならではの、飾らない、生まれるメッセージが「本心」かどうかを見つめていることに、心が動かされる。アーティストだからこそ、あこがれや、目指したい方向性があるもの。でも、その「欲」と相反しているのが、「大儀」でもある。誰かのためにだけではなく、何かのために楽曲は生まれ、誰かの心に響かせることが仕事でもあるからだ。

誰しもが一度は感じたことのある感、「欲」との闘いでもある。

=For More Information=

http://thetote.jp/index.html

https://soundcheck.jp/video-slider?vid=142