Gentle Forest Jazz Band with 二階堂和美

2018年4月18日
gentle forest band with nikaido kazumi

ひょいとタイムワープ。
プリン・ア・ラ・モードみたいなジャズバンドをテイスティングしませんか?

現代は、コラボの時代。アーティストそれぞれがもつ能力を結集させ、調合するとわくわくが止まらない作品が生まれることがある。今回のピックアップアーティストは、Gentle Forest Jazz Band with 二階堂和美。Big Bandはいつ聴いても心が躍る。私たち日本人が持ち合わせる陽気なアイデンティティ―の神経に語りかけるのだと思う。ミュージシャンであり、役者でもある
ジェントル久保田率いる、Gentle Forest Jazz Bandは、17人の楽器隊と3人組みボーカルと僧侶でありアーティストでもある、
二階堂和美の異色コラボレーションで結成された魔法なようなアルバムが「GOTTA-NI」。2016年に発表されたアルバムは、タイムワープさせてくれるサウンドだけでなく、往年のジャズシンガーを彷彿とさせる二階堂和美のパワーあふれた歌唱力が結集されたアルバムでもある。時間をさかのぼっていることを忘れさせるほど、スイングの世界へと引きこまれる。

アルバム『GOTTA-NI』

gotta-ni

CD収録曲
01. Nica’s Band
02. いてもたってもいられないわ
03. 私の宝
04. とつとつアイラヴユー
05. PUSH DOWN
06. 女はつらいよ
07. 伝える花
08. いつのまにやら現在でした
09. Lovers Rock
10. お別れの時
11. いとしい気持ち

アーティスト: Gentle Forest Jazz Band
プロフィール:現代のヴォードヴィリアン・ジェントル久保田が率いる、ビッグバンド。2005年の結成以来、往年のスウィング・スタイルを発展させたオリジナル・スウィングを武器に、精力的に活動している。17人の楽器隊と3人組ヴォーカル「Gentle Forest Sisters」が織り成すエキサイティングかつ笑いに溢れるライブパフォーマンスは圧巻。隔月で行われているワンマンイベント「SWINGIN’& STOMPIN’」は毎回ソールドアウトするほどの人気を博している。ジャズフェスティバルへの出演やコメディアンとのコラボレート、映画・CMへの楽曲提供など幅広いメディアに露出し、現在日本でもっとも多忙なビッグバンドといえる。

アーティスト:二階堂和美
プロフィール:ジャンルにとらわれない音楽性と、圧倒的な歌唱・表現力で国内外から幅広く支持されているシンガーソングライター。1998年の1stアルバムリリースから現在まで、約20作を発表。国内外のアーティストとのコラボやCM歌唱も多数。代表作は2011年発表のアルバム『にじみ』。2013年公開のスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』では主題歌「いのちの記憶」を作詞・作曲・歌唱。東京での活動を経て、2004年より故郷である広島県在住。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。